2010年07月28日

主な天然染料や動物性のもの

主な天然染料アカネ...乾燥させた根を赤色の染料として使用する。ヨーロッパ種と東アジア(日本)がある。主な色素はプルプリンとアリザリン、ルビアジンなど。 ベニバナ...花びらが黄色、赤色の染料として使用する。赤い色素は、抽出するのが、紅花で染められた生地は非常に高価だった。黄色は、簡単に取り出すことがすぐに分解されるため、あまり使用されない。 ムラサキ ...乾燥させた根を紫色の染料として使用する。主な色素はシコニンだが、熱に弱い染色は、冬に起こる。主な色素はシコニン。 アイ ...乾燥葉などを、青色の染料として使用する。様々な植物がアイと呼ばれており、インディガンという、無色の色素を有することが共通している。日本ではタデ科とのタデアイ、キツネノマゴ科とリュウキュウアイ、アブラナ科のタイセイが栽培されてきた。日本ではほとんどの場合、タデアイを指す。 カリヤス...生または乾燥された茎や葉は黄色の染料として使用する。イネ科の植物で、ススキのような形をしている。また、八丈島の方言では、コブナグサことを指すので注意。両方の使用法はほぼ同一である。 キハダ ...乾燥させた樹皮を黄色の染料として使用する。藍染め後にキハダで色を重ねて緑を出すことができます。 ウコン...茎の黄色の染料として使用。しかし、染料として使用する程度に色素を含んでいる夏ウコンだけであり、春ウコン、秋ウコン(ガジュツ)は使用できない。 ゴバイシ ...五倍子(ふし)だ。ヌルデに発生した虫えい(ヌルデノミミフシ)を乾燥させたもの。黒染めに使用する。多量のタンニンを含んでいる。お歯黒にも使われていた。ウルシの仲間のために簡単に触れるかぶれる危険がある。 クサギ...フルーツを青色の染料として、がくの部分、葉も染料として使用することができます。インディゴではなく、青い色素で染色を用いることができるものは少なく、珍しい存在。 イラクサ類...茎葉を採用する。赤や茶などの色が来る。 ヨモギ...茎葉を採用する。緑や褐色が与えられるヘナ。 その他の天然染料カキシブ ...未熟な柿の果汁で作る。茶色の染料として使用する。日当てること繊維の強度が増加する。塗料として使用されている場合もあります一閑張りのような紙に塗布し、清酒の清澄剤に使用されていた。 動物性染料で貝紫、セピア、コチニール、ラックダイなどがある。

posted by sayaka37330 at 14:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。